飲みに行くのか、それとも抜きに行くのか・・・

夜のネオンに誘われた歓楽街に繰り出すことも少なくは無い筆者ですが、そうした街に繰り出した時に毎回ある葛藤に苛まれます。

「飲むのか、抜くのか」
財布に余裕がある様な裕福な方なら、こんな悩みもないと思いますが、そんな方は世の男性の極めて一部の方だけではないでしょうか?
多くの方は筆者同様、コストパフォーマンスを考えてしまうのではないでしょうか?

こうなると筆者の場合「キャバクラ」という選択肢が自腹で遊ぶ時には必然的に消去されてしまいます。もちろん自腹で行ったこともありますし、接待される側で連れて行って頂いた時の、あの空間ならではの心地よさも分かってはいるのですが、最終的にはキャバクラの帰りには、どこか抜ける店に行ってしまうのです。
一生懸命通ってお気に入りのキャバ嬢に貢いで・・・

という行為が筆者には性格的にも金銭的にも、ちょっと厳しいというのが本当のところなのです。
同伴やアフターまで考えてしまうと、その金額で旨いお酒と料理をちょっと小粋な料理屋でいただいて、その後に抜きのある店に行ってもお釣りが出るくらいになるんじゃないですかね。
しかも最近は年齢のせいもありお酒の後だと性欲はあるのに、反応しないという情けない自体にもなりかねない。

なので、最近の夜遊びは最初にデリヘルなんかで抜いてから、旨いお酒をいただきに行くというパターンが多くなってきました。年齢と共に遊び方も変わって行くものですね。
キャバクラの楽しさも好きなんですがね。また接待で連れて行かれる時までキャバクラはお預けです。